スタッフブログ

 

 

 
フォーム
 
キャッシュレス決済 その3(PayPay)
2018-12-04
う~ん、困った。
 
困っているのは私だけ、あるいは私と同類の中でも一部の人達だけだと思いますが、先日書いた覇権争い中のキャッシュレス決済に強力な陣営が参加してきました。ソフトバンクグループやめてほしいですね。
 
「PayPay」、後から参入するだけあってさすがのインパクトでやってきました。
 
コンビニではファミマ、家電量販店では多くが参加して今日から20%キャッシュバックするというんです。
 
すると20万円のテレビやエアコンを購入した場合、4万円返ってくるということでこれほど大規模なキャッシュバックはカードやポイント業界で記憶にありません。
 
それでなくても、今月は所有するマイナーなクレジットカードで5.5%還元される予定だった上にファミマTカードも年内5%還元中の案内がきたというのにPayPayを使わないわけにはいかないようです。というか使ってます。
 
こんな時代なので現金に拘っているのは損だと思うのですが、それでも日本人の現金主義は根強いのでしょうか。
 
休眠預金をご存知ですか
2018-11-16
我が所長夫妻には困ったもので、2人とも大病の経験がないからか時間が有限であることに気が付いてないのではないかと思うことがあります。
 
とは言え、人間は100%死亡することが確実です。である以上備えということも必要でしょう。
 
しかも、金融機関の口座が何口座あるのかわからない(支店単位で考えると夫婦で30口座あるのですか、それとも50くらいあるのですかとの問いに答えられない)始末。一応、フォローしておきますと、司法書士業は融資実行に伴い抵当権設定等で金融機関とお付き合いが多く、求められてつい口座開設に応じざるを得ないということはあると思います。
 
そこで他人様のこととはいうものの何年も前から整理していくべきだ(一従業員が所長夫妻に言うような話でもないのですが)と説得し続けてきました。しかし、時間は無限と考えている人達に通じるはずもありません。
 
救いとなったのは来年始まる休眠預金の制度です。
 
多くの方が認識されていないと思いますが、金融機関に預けておられる預金は正確には「預金債権」で10年の消滅時効があります。金融機関が時効を主張しないだけで何も使ってなければ10年で権利(預金)を失ってもおかしくないわけです(金額に関係はありません)。
 
何年か前に休眠預金がちょっとしたニュースになりましたが、いよいよその制度が来年から動き出します。
簡単に言うとその休眠預金を使って(どうせ使ってない預金なのだから)NPO法人等の公益的な活動に利用しようという制度です。
 
そこでその話を利用して、年末から来年にかけて話題になり金融機関窓口に預金者が押し寄せるだろうから早めに動くべきだと所長夫婦に話し、実際に9月くらいから3行整理されました。
 
私も、先日お休みいただいて2行解約してきたのですが、そうこう話している間にWBSやNHKで取り上げられたり、これからこの話題は確実に増えると思います。
 
ただ解せないのが預金債権は消滅しているはずなのに金融機関に申し出たらその金額分は出金できるという点です。どういう法的構成なのか調べもしないのがこのブログらしさではありますが、10年以上経過することで入出金のない預金(預金債権)は時効消滅し、その管理が金融機関から国の組織に移るという点は間違いないようです。
 
国としては、今後も出金できる、預金を取り上げるわけではないので心配するなとこれからいろんなところで主張されると思います。どう解釈されるかはそれぞのれ国民次第です。
 
キャッシュレス決済 その2(楽天Pay)
2018-10-31
前回の続きです。
私であればですが、今日でLINEPayの10%キャッシュバックが終わりなので明日から楽天Payで支払います。
 
楽天PayはLINEPayより簡単でお勧めです。これも10%引きに近い金額で支払い可能です。しかもLINEPayのように細かい期間制限がありません。
 
厳密に言えば「楽天Pay」でなく「楽天ポイント」での支払いがお得ということなのですが、スマホで支払うときは楽天Pay、楽天Payが使えない店舗では楽天ポイントカードで支払いすることによりポイントを消化するというイメージで良いと思います。
 
楽天Payの肝は楽天ポイントをどうお得に仕入れるかという点です。
各コンビニで「楽天バリアブルカード」という金額設定が自由なカードが販売されていまして、10,001円以上の金額に設定して購入すると700円から1000円分の楽天ポイントをくれるキャンペーンが年10回程度行われています(「楽天バリアブルカード」で検索すると最新情報を教えてくれるサイトが出てきますので「お気に入り」に入れてたまに確認します)。
そのキャンペーン時に10,001円の楽天バリアブルカードを購入すると7%から10%のポイントがもらえるというわけです(ですので私の場合、家族2人分、年間20万20円分の楽天バリアブルカードを購入して毎年少なくとも14,000円分の楽天ポイントを余計にもらっています)。楽天Payや楽天ポイントが利用できる店舗で少なくとも7%引きになり、かつ簡単なので、たとえお得でも難しいのはちょっとという方にお勧めです。
 
ひとつだけ注意点を書きますと、最初に購入する10,001円(6か月間)、後日キャンペーンでもらえる700円~1000円(3か月間)は、共に期間限定の楽天ポイントです。
 
楽天市場は当然としてローソンやファミマ(12月から楽天Payが利用可能)、マクドナルド、くら寿司、出光等、ありとあらゆるジャンルで利用可能ですので問題ないとは思いますがご注意を。
 
ちなみに今月、「Obase」、「オルト」という京都ではいずれも名の知れたイタリアンで食事をしたのですが、楽天Payが利用可能となっていたので楽天Payで支払いました。どちらも楽天Payで支払う旨伝えると「利用される方は2人目です」、「初めてのお客様です」と少し戸惑っておられましたが、思っていたよりスムーズに支払いが完了しました。
 
この楽天バリアブルカードについては、ファミマであればファミマTカードで火土にクレジット支払いで購入して更に100円のTポイントをゲットする(実質8%引き)とかセブンイレブンであればnanacoへクレジットチャージして更にポイントゲットするとか応用技がありますが、そこまで追い求めなくとも十分な還元率です。
この手の話はきりがないので上級編を知りたいという方がおられたら事務所へお越しください(できればお仕事のご依頼もあれば嬉しいです)。
 
キャッシュレス決済 その1(LINEPay)
2018-10-25
いよいよ国が訳のわからない手法でキャッシュレス決済を推し進めようとしているとしているところですが、そんな消費税増税時の2%ポイント割り戻しなんてケチなことを考えなくてもキャッシュレス決済(スマホ決済)は間違いなくいま最もお得な支払い手段です。
 
何故か。各企業が覇権争いをしているからなんですが、こういうときははとにかく素早くブームに乗っかるのが吉だと思うのですが、なかなか難しいのでしょうかね。
 
ただ、難しいのも当然でこの国は一致団結して進めるということが苦手なのか、規格が乱立して一般消費者が参入しようという気を阻害している気がします。
 
そこでスマホ決済をされるなら、2つくらいに絞りましょう。
最有力なのが、「楽天Pay」と「LINEPay」かと思います。
 
例えば「LINEPay」、今日10月25日~10月31日まで10%のキャッシュバックがあります。
ちなみにこれ、今のところ毎月月末に実施されています。
1万円購入したら1000円返ってくるというわけで太っ腹というか赤字覚悟で勝負を挑んでいます。
 
実際にLINEの金融事業は先行投資による大幅赤字というニュースを昨日目にしました。
損して得取れで初めは採算度外視で進めているということです。
 
更に来年の7月まではLINEPayは最低3.5%のポイント還元があります。
つまり、この1週間は13.5%引きで購入できるようなものでローソンで現金購入している方を見るともったいないなと思いつつレジに並んでいます。
 
なお、ややこしいのですが、LINEPayのコード決済(スマホ決済)のみが10%キャッシュバックの対象です(LINEPayカードで支払いしても対象外)。
ローソンやJoshin等が主要な対象店舗ですが、まだまだ店舗が限定されていますのでご注意を。
 
近くて美味しい店(Lino)
2018-10-11
最近、美味しかったグルメ第二弾です。
 
一昨日に書いた理由と同じなのですが、私はイタリアンが比較的得意です。
 
イタリアン(のランチ)は総じて安いということもありますが、パスタ(麺)好きということもあります。
また、あっさり系イタリアンで有名な「イル・ギオットーネ」出身のシェフが数多く独立されたこともあり、京野菜イタリアン的なあっさり系イタリアンが京都には多いことも理由の一つです。
 
その中で和食の記事にも書いたことですが、有名店から独立されたお店は狙い目です。
 
今回のお店「Lino」は「リストランテ美郷」というこれまた有名店から独立されてまだ1年ほどのお店ですが、私が好きなパスタ、リゾットが両方食べられるだけでなく「前菜盛り合わせ、パスタ(オイル)、パスタ(トマト)、リゾット(クリーム)、デザート」と個人的には最高の組み合わせの「パスタコース(2,700円)」があります(半月ほど前に一休から申し込んだときは2,500円でした)。
 
ランチでパスタとリゾットが両方食べられる店ってほとんどないんですね。
そもそもメインって必要ですか?といつも思っているのですが、同じように思っておられる方には特におすすめです。
 
また、これは我が家で「ケチ男」と呼ばれているところですが、ここは駐車場の安価スポットに近いです(烏丸夷川西入る)。
この辺りは以前70分200円の比較的大きな駐車場があったことから需要と供給のバランスが崩れ、安価に設定されたままの駐車場が多いように思います。今回も40分100円の駐車場に停めることができ、駐車料200円で済んだので車で移動される方には特におすすめの場所でもあります。
 
ちなみにリストランテ美郷もとても素晴らしいお店です。以前から通っている人気店で大きな値上げをしてないところはここくらいではないかというくらい良心的な価格に据え置かれていてシェアを前提に進めてくれるので2人以上で行けばパスタ2種、魚、肉のWメインのフルコース風にしてもらって2,600円です。こちらも間違いないお店です。
 
そこそこ近くて美味しい店(路地中ノ)
2018-10-09
 
先週末、いつもたいへんお世話になっている税理士事務所の方から最近ブログにグルメの話題がない旨ご指摘いただきまして。
 
そういうと先月後半にリピート間違いなしの良さげなお店が2軒あったと思い出しました。
ということでこんな駄ブログをご覧いただいている方々のために少し書いてみます。
 
私は、和食のお店が得意ではないのですが(好き嫌いでなく単価が高いからなかなか行けないのでよく知らないというだけの理由)、身体のことを考え、美味しくてそれでいて安価な和食のお店はないものかと去年くらいから探しています。
 
で、ふと訪れたのが「路地中ノ」という和食、寿司のお店。
場所は川端五条を少し上がった東側、「ちらし寿司セット(2,800円)」をいただきました。
 
京都ホテルオークラで修業し、独立された若手2名(和食と寿司を担当されていたようです)の方によるお店なので無難に美味しいだろうと思っていたのですが、予想以上に良かったです。
 
だいたいウニ、イクラの類は量を多く見せるように盛り付けられていることが多いですが、ここは見た目以上に器に盛り付けられていて満足感一杯でした。
 
そうそう、ちらし寿司は温かいです。また、写真にはありませんが、ちょっとした水物も用意されています。
少し気になるのはインスタ映えを意識し過ぎではないかという点。こういうご時世なので仕方がないのでしょうか。
 
この手のお店の問題は、独立当初は安価な価格に設定して、客が集まりだすと値上げする、あるいは安価なメニューを廃止することが多いという点ですが、とりあえず安価なうちに駆け込みで何度か伺いたい、そんなお店です。おすすめです。
 
終身会長??
2018-08-09
毎日テレビから流れてくる「終身会長」というワードに「山口メンバー」に次いで今年2番目の違和感を感じ、昨日ブログを書き始めていたのですが、流石の内藤先生が昨日「終身会長」の記事をブログに書かれていたので法的な部分はそちらにお願いするとして、、、。
 
会長が叩かれていますが、、、。
そもそも「終身会長」に祭り上げた組織の異常性をまず問題にすべきではないでしょうか。
 
仕事柄、理事長や社長、会長職の方にお会いすることも多いのですが(今週も上場企業の会長職にある方とお会いしました)、未だかつて「終身」としている名刺を見たことがありません。
平成24年10月7日決議した際の理事数は正確には知りませんが、理事約20人以上が全会一致で終身会長に推したという事実が怖いです。
 
そして、この国の獲物を見つけたら叩き終るまで叩き続ける姿勢、気持ち悪さを感じませんか。
前から感じてはいましたが、今年になって更にエスカレートしているような気がしています。そしてそれが自分や周りに向かったらと思うと・・・。。
 
少しうんざりしたので雑感を呟いてみました。
 
ひっそりと
2018-07-23
そう、本当にひっそりととある重要な法改正がなされました。
あまりにひっそりしていたので同業者や他士業の方でもご存じない方も多いかもしれません。
 
今年の上半期、半年に及んだ国会で、閣議決定された、衆院通過したと(多くはご近所の内藤先生情報ですが)今年この事務所では常にホットな話題になった(勝手に私が騒いでいたのですが)のが相続法の大改正です。
 
私は毎日多くのニュースを自動録画して流し見るのですが、この法改正が重要法案扱いになっていなかったのが不思議でなりません。カジノ法案や参院の定数増の議論も大切なことですが、もう少し身近な話題も大きく取り上げてほしいものです。
 
まず、遺言ひとつとっても大改正です。
 
現在は、ご自身で遺言を書く場合、全文を自筆で書く必要があります。
それが財産目録部分をパソコンで作成したり、あるいは登記簿謄本や通帳の写しに自署と押印をすればOKの取扱いになります。
 
一見楽になって良さそうに思えますが、どうでしょう。
「お父さん、ここに署名してハンコ押して」
と子供から迫られる、あるいは知らないうちに押してしまっているということにならないでしょうか。心配です。
確かに全文を自筆させるのはどうかと思っていましたが、飛躍し過ぎな気がします。
財産部分は印字されたものでOKとしても、そのページに自署だけでなく、「上記財産を長男に相続させる」くらいは記載すべきなのではないかと個人的に思います。
 
これに関しては半年後の平成31年1月13日に施行されます。
まだ現時点では上記の方法で遺言を書いても無効ですのでご注意ください。
 
また、自筆証書遺言に関しては、もう一つ大きな変更(制度の新設)があります。
 
法務局が自筆証書遺言を保管してくれる制度がはじまるのです。
しかもこの保管してもらった遺言には家庭裁判所の検認が不要となります。
 
これ、何が大きな変更なのかと一般の方は思われるかもしれませんが、我々にとってはすごいことです。
 
遺言は、自筆で書いても有効なのですが、実際は使えない遺言だったり、紛失したり、隠されたりと自筆で書いた場合、大きな問題がありました。また、ブログでも書いたことがあるのですが、遺言を使う段階で家庭裁判所の検認(お墨付き)が必要となり、お父さんにとっては楽でも残された子供に面倒な手続きを押し付ける、そんな方法でした。
 
そのデメリットを解決してくれるのが今回の制度です。
もちろん、法務局側に受け入れの準備が必要ということもあり、この制度に関しては、2年以内に実施される予定です。
法務省にとっても相当な負担になると思いますが、遺言普及のためなかなか思い切った手を連発してきますね。
 
ところで相続税申告時の遺言控除の議論はどこにいってしまったでしょうか。気になります。
まだまだ、相続法については大改正があったので随時書いていこうと思います。
 
灼熱のまち、京都 2018
2018-07-19
久しぶりのブログ更新というのに多くの方にとってはどうでもいいこと書きますね。
京都って地味に暑いのです。
 
7月14日(土) 京都市の最高気温 38.5℃  全国2位
7月15日(日)          38.7℃  全国8位
7月16日(月)          38.5℃  全国9位
7月17日(火)          38.1℃  全国4位
7月18日(水)          39.1℃  全国9位
7月19日(木)          39.8℃  全国1位(京都で観測史上最高気温)
 
2位以下が38℃台ですからようやくぶっちぎりの1位です。
気象庁が全国927地点で観測しているそうですが、灼熱のまちだと思いませんか。
いつもこちらが暑い日は岐阜県多治見市あたりと競り合っているのですが、ことごとく負け続け(負けてもいいんですが)こんなに苦しんでいるのにこれ以上暑いまちがあるのかと思い続けてきたので少し嬉しいです。
 
それにしても明治からの約140年間で最も暑い日だったというのはすごいことです。
お客様で少し涼みたいという方はお気軽にご来所ください。
国内、国外の観光客の皆様、京都はとにかく暑いので暑さ対策は十分になさってください。
 
採用募集
2018-01-15
スタッフ1名の募集を再開いたします。
 
→ 採用者内定のため、募集を終了いたします(平成30年6月3日現在)。ご応募いただきありがとうございました。
 
昨年末に採用決定した方が、諸事情により内定を辞退されましたので再度募集いたします。
 
詳細は、「求人・採用情報」のページにてご確認ください。2つ下の記事にも詳しく書いております。
 司法書士桑室矩忍事務所
くわむろのりよし
〒602-0855
京都市上京区河原町通荒神口下る上生洲町226番地10
(河原町通東側)

☎  075-223-2241
fax 075-223-2259
 
 

※費用についてはこちら

■京都地方法務局スグ■
■車椅子OKバリアフリー■
■出張相談OK■
■無料駐車場アリ■
(河原町通西側)
■am8:30から受付■
 
 
 
  
 

 

 

司法書士Q&A

お電話やメールで、当事務所あてに比較的よく質問される事項についてまとめてみました 

 

029952
<<司法書士桑室矩忍事務所(℡075-223-2241)>> 〒602-0855 京都市上京区河原町通荒神口下る上生洲町226番地10 TEL:075-223-2241 FAX:075-223-2259